※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ラブレターフロム...  作詞/594スレ196

この想い いつも伝えられずに手紙にしたけど
いつも渡せずじまい
書き損じ続けたラブレターの山…
「君が傍にいて欲しい」と 心の中思うだけで
「君と二人歩きたい」と 遠くから眺めてるだけで
書き直しすぎて 読めなくなった僕の気持ちを
例え「NO」と言われても
決して負けず届けたラブレターの山…
君が好きでしょうがないよ 口じゃとても言えないけれど
ずっと二人歩きたいよ そんな想い込めたこの手紙(きもち)
君の返事変わることを「いつか きっと」と願って。