※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

宝物ヒトツ  作詞/594スレ33

さっきまで笑っていたのに
あたりまえのように ただ ただ
歯車が一個抜け落ちてしまった
きっとそうに違いない
なんとかしたくて 救われたくて
宝物ヒトツ差し出してみた
イタイノハサイショダケ
さっきまで笑っていたのに
泣き出したらもう ガタ ガタ
砂の城が崩れ落ちてしまった
きっとそうに違いない
ひとりじゃ怖くて 救われたくて
宝物ヒトツ差し出してみた
イタイノハサイショダケ?
夢が覚めてから
見渡した景色は惨劇
どうしようもない現実だけが
目の前を黒く染めた
大事な大事な宝物
“ココロ”という名の宝物