※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ステレオタイプ  作詞/COOL METABOLIC

眩暈がするほど勇気を振り絞っていなくちゃ生きていけないって変じゃない?
社会の中に居座ることが大変すぎて、自分らしくない別の誰かのふりして生きる
それが楽だって気付いたんだ、それが楽だって気付いたんだ、誰も僕を責めやしないんだ
でも、ある朝ふと鏡を見たら、鏡の中の僕が空ろな視線で眺めてた、そして言うんだ
「お前、夢があるんだろ?誰かに約束してたよな?一体何になる気だよ?そのまま腐って死んじゃえ!」
でも、僕は僕、僕は僕、じゃあ、僕って何だろ 教えてよ10年先の僕、ねえ
(続きが書きたい奴は書けば良いと思うよ)