※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

本棚  作詞/589スレ177

ふと思い出した
あの日押し込んだ思い
ガキの頃の字を見たくなってノートを取る
ふと蘇る
あの日味わった涙
ガキの頃の事思い出し切なくなる
溢れ出す感情ノート浸す
俺宛の手紙ノート一面
ピンクのチョークで綴ってあった
燃える涙線まつげ浸す
買い替えたノート一万
誰も居ない俺の特等席
ひんやりと冷えきった椅子
アンモニア臭のこびりついた飯
机の距離は心のキョリ
学級通信俺だけ別紙
また押し込んだ