※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

遠くの街に君がいる  作詞/うんこマン

たまに思うんだ
「僕は何をしてんだろう?」って
さらに続くんだ
「君は何をしてんだろう?」って
つまらないと嘆くよりも
夜の帳を蹴破って
空に響く咆哮は月をも焦がし
星のプールに荒波を生んだ
君に届く方向は西より東
遠くの街に君がいるんだ
いつかわかるんだ
「僕は君が好きなんだ」って
そして気付くんだ
「君は僕を知らないんだ」って
過去を穿(ほじく)り返しても
記憶の底で燻ぶって
まだ暴れる本能は僕をも壊し
虹のループに争いを生んだ
君を思う煩悩はすべて麗しい
灰色の街で君が笑うんだ
空に響く咆哮は月をも焦がし
星のプールに荒波を生んだ
君に届く方向は西より東
遠くの街に君がいるんだ