※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

アスファルトに咲くタンポポ、JKに踏まれておいしいですのうた  作詞/ものぐさ大臣

わずかな隙間 あればただ
根を生やし 生きてきた
アスファルトでも 罅割れに
根を生やし 伸びてきた
死など 生ぬるい
まるで生き地獄じゃと
生を 噛みしめる
余裕は一つとない
救いの手が 差し伸べられる
それは決まった時間で
救世主が 現れるのだと
下校中の女子高校生
踏んで 気持ちいい
まるで天国のようで
ここで 生きる理由
それだけのための生
救いの手が 差し伸べられた
女子高生に踏みつけられ
救世主が 現れたのだ
下校中の女子高生