※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ごめんね  作詞/579スレ400

自分勝手なことを言ったのはわかっていたし
本当は受け入れるふりをしていただけなのだと
受け入れてくれたのは優しさ故なのだと
気付いていたのに
こうして鳴らない電話を見ていると
あいつにどれだけ酷いことをしてしまったんだろうと
取り返しが付かないことをしてしまったのだろうかと
体中がごめんなさいで痛む
見放されたかと思ったけど
わたしが知らないうちに歩み寄った跡が残されていて
けれどもこちらからの応答には反応がなくて
待つだけってじれったい
順番が回って来たってことなのかな
夏、あいつもこんな気持ちだったのかな