※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

水道 作詞/海老の背ワタ

軽く捻れば水垂れ流し 夢も一緒に垂れ流し
無限に流れる水 いつまで流れるのだろうと
好奇心をくすぐられた
そんな水は真夏はピンチ 節水なんだってさ
「み・・・水が・・・ちょっとしかでない!!」
僕らの夢を壊さないで オ・ネ・ガ・イ
水道 それは都会のオアシス
乾ききった人間関係 乾燥した空気とお肌
どっちも蛇口捻って潤い与えりゃ
万事解決♪

(このページは旧wikiから転載されました)