※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

鎮魂と残された一人の情 作詞/λ

涙こぼれて 御霊流れ 塵になり 渇いた叫びは 掻き消され
淡い夏色 土の香り 未だ春 届かない手は 気付かれず
違うことすら考えれないならば
誰にも知れない 思いがこの中にある
届け もういいだろ 誰も知らないなら意味がない
残れ そして知れ この想い 誰もが知るぐらい
誰が残したか知らない 誰の想いかも知らない
誰が求めるか知らない 誰を想うかも知らない
明日は晴れても心は雨ならば そう叫ぼう そう泣こう
涙こぼれて 御霊流れ 塵になり 渇いた叫びは 掻き消され
淡い夏色 土の香り 未だ春 届かない手は 気付かれず
違うことすら考えれないならば

(このページは旧wikiから転載されました)