※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

故淫乱ドリー  作詞/蠢

あいつが死んで一年が過ぎた
俺と出会って三年目の春
だいぶおかしな奴だった
淫乱のドリー
タートルネックばかり着ていて
三時のおやつは決まって角砂糖
一日六回のセックスは欠かさなかった
相手はヤギかヒツジ
あいつについて知っていたのは
それだけだ 歳も分からない
秘密の多い奴だった
淫乱のドリー
いつも牧場のベンチにいて
会話の相手は決まって俺一人
二日に一回はヤギたちに蹴飛ばされてた
ヒツジにも踏まれてた
ドリー
今じゃ誰も覚えてない
ドリー
幻にさえ思えるよ
ドリー
いつか帰ってくるんだろ
ドリー
俺の相手はヤギだけさ
ドリー
あ いや そういうことじゃなくて 会話の相手ってことさ
ドリー
淫乱のドリー