※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

仁王立ち  作詞/おちんこまんこ

肩に埃が積もるくらい突っ立ってたいけど
きっとソワソワしちゃって1分と持たない
重厚感を洋服でごまかしてるだけさ
本当に中身のない空っぽな人間です
中途半端に世の中をなめて生きてたたから
いまさら世の中になめられてもしょうがない
そういえばどこが境界線だったんだろうか?
いつのまにか俺は平凡な人間になったなぁ
そうさ
最初から平凡だったさ
それ自体が若気の至り