※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

歌声  作詞/カリバネム

僕は不死身の野良猫でいいから
君に素敵な歌声を上げたい
春の不気味なまどろみの中で
耳鳴りの森を抜けた向こう側へ
失いたくないものいくつも並べて
五円玉をすり抜けたら 始まる
驚く素顔を死ぬまでに一度
汗ばむ手と手で死ぬまでに一度
出逢えたこの世のファンタジー
いつも届きそうにない言葉だけ
かき集めた手がどれほど汚れても
脆くて分厚い壁 飛び越えるメロディ
傘もささず探していた 聴こえる
崩れ落ちそうな闇の裏側を
今に燃えそうな闇の裏側を
見つけた 恥ずかしいメモリー
驚く素顔を死ぬまでに一度
汗ばむ手と手で死ぬまでに一度
崩れ落ちそうな闇の裏側を
今に燃えそうな闇の裏側を
よくある 恥ずかしい