※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

(無題)532スレ77  作詞/532スレ77

遠く見た 夏空  手を伸ばした 飛行機雲
近く聞こえる 誰かの声  振り返って 手を振った
いつだって 皆いた   右手に持った 虫取りアミ
誰だって 笑ってた  左手に握る 君の手のひら]
僕は肩から提げてたカゴを
いつからゴミ箱にしたんだっけ
あの時走って転んだ砂利道
今は少しも音は立たなく
あの時歩いて泣いてた僕らの
永遠に続く夢が終わった
走り回った 神社    暮れまでいた 公園
雪ダルマ作る 通学路   かくれんぼした 森の中
もういいかい の返事は聞こえず
ポコペン 突っつく君はもういない]
ねぇ君はまだ覚えてるのかな
二人でいつか旅をしようと
ほら僕はもう支度ができたよ
なのに動けないまま佇んでいる
あの時作った秘密基地
今でも覚えていてくれてるかな
少年が抱いて大切にしたものは
結局思い出なんかになってしまった
※修正 *(無題) → *(無題)532スレ77