※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

変態の唄  作詞/531スレ12

まるで競争馬のような たくましい足だね
なんて君のこと誉めたら 拳が僕を宙に舞わせた
とても痛いよ 心も痛いよ 落下の衝撃で全身ボロボロさ なにもかもが痛いよ
知っているのかな 君のその足が たくましい足がたまらなく好きなんだ
わかってないのは 君の方なんだ まぶしいくらいに美しい足なんだ