※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

普通が変わる日  作詞/マッチョ箱

突き抜けた勇み足のその向こう
童話の3ページめに付いたシミ
交わす言葉が足りないなら
目をつむり「良い天気」
糸で操られてる物語
その隅で何か企んで
交わす言葉が足りないなら
目をつむり「良い天気」
白い夜だ
木枯らしが僕を誘う