※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

最高級ティッシュー  作詞/528スレ63

ありえない肌触り
それはシルクを超えている
ゆるがない肌触り
もう二度とは戻れない
純白の鼻の下は
彼女に送った 愛の証
舞い散る胞子 飛び散る体液
重なり合って 包まれる
ゴミ箱の中 染まっていく
薔薇の名前は 最高級ティッシュー