※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

十円玉に穴を掘る  作詞/タケノコムシ

朝日が昇ったら目を覚まして
黒い十円玉に穴を掘ろうか
毎日少しづつナイフで削って
いつか小さな穴を作ろう
照る日も雨の日も休まず
毎朝の三分間を費やして
ときに指を傷つけたりしながら
穴はついに貫通した
綺麗にヤスリで磨いて手のひらに載せる
穿たれた十円玉は満月の光を受けてキラキラと光る
十円玉の色は黒いままだったけれど
その穴を覗き込めば僕の暗い日々にも一筋の光が差し込む
次の日、僕は貨幣損傷の罪により逮捕された