※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

秘密  作詞/492スレ30

ああなぜ君はそんなに可憐なんだ
声もかけられないよ
悪いことだった知ってたけど
その唇を夢にまで見て
誰もいない放課後
君の縦笛に口づけてみる
胸が高鳴る
誰かに聞こえそうだよ
ああ唾臭い
ちゃんと手入れしろよこのスイーツが
泥水で口を洗った
そうこの日から私の名はエリナ