※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

冬の水平線  作詞/490スレ59

思い出して泣きます
君がいて 僕がいて
邪魔者なんていなくて
キラキラ輝いた日々を
思い出して泣きます
君がいて 僕がいて
笑いながら食べました
君が作ったおにぎりを
冬の防波堤 潮風強くて
水筒に入れた熱いお茶を
震えながら飲みあって
二人で眺めた 水平線
いつか海外行きたいね
サンドイッチ持っていこう
水筒には紅茶かな
おやつはクッキー ビスケット
そんなゆめの話 叶わない物語
思い出して泣きます
思い出して泣きます
冬の水平線 ひとりで眺めながら