※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

甘酸っぱいヤカン  作詞/490スレ20

水をお湯にするために
銀色のボディに
水を入れて火にかける
身を寄せ合って
頑張って熱から逃れようとするも
さぁお湯になるときが来た
いくつかの水道管を
くぐり抜けてきたであろうその水は
「ピー」とやかましく お湯になる
沸騰したお湯からは
我を忘れた 水たちが
湯気になって空気になる
お湯は水の人生を一瞬で終わらせる
甘酸っぱいヤカンなんてない