※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

制裁の時  作詞/488スレ374

壊した時計の針が 僕の心臓を突き刺す
それは運命に逆らった罰だと 空気が囁いた
窮屈な日々が 嘘みたいに 解(ほど)かれた
身体の隅々まで 暖かい血が流れる
退屈な日々が 嘘みたいに 色づいた
ココロが脈を打って 僕は生きているんだと
繰り返せば繰り返す度 麻痺する感覚
鈍さに負けないように 精一杯吸い込んだ
壊した時計の針が 僕の心臓を突き刺す
それは感覚を捻じ曲げた痛みと 僕は気づいてた
壊した時計の針が 僕の時間を刻みだす
そして残された時間の中ずっと 僕はもがいてた