※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

1年間床屋に行ってない  作詞/マッチョ箱

髪が僕の目を隠す
それくらいがちょうどいい
涙目なんて見せられない
目を合わせたくない
恥ずかしいわけじゃない
人が嫌いなわけじゃない
ただばつが悪いだけ
うっとうしいこの髪は
僕を守ってくれる
そう、この部屋のように