※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

愛し、腹巻  作詞/488スレ143

単身上京 はじめての冬
風にすさびく 粉雪が舞う
曇天見上げ ひとりさびしく
缶コーヒーに ぬくもりもらう
母さん そちらも 冷えますか
雪はどれほど 積もったでしょう
幼い あの頃 スコップ持って
一緒に雪を 掻いた思い出
そんな僕を そんな僕を
君はぎゅっと 抱きしめてくれた
寒い夜を 寒い夜を
君と過ごせて よかった
愛してるよ 腹巻さん
これからも よろしく