※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

180円の希望と正義と平和  作詞/にのまえ

爺の葬式の帰りに 本を買って帰ろう
大好きだった爺が呼んでくれた
ハラペコ青虫買って 帰ろう
家に帰ろう 空は青くどこまでも青く
爺は焼かれて煙になった 真っ青な空に消えてった
爺は焼かれて煙になった 真っ青な空に融けてった
爺は焼かれて消えてった 俺らの心に焼きついた
お空の青さは広かった 爺の煙も消えちった
婆が独りで泣いている 爺を思って泣いている
孫は一人で何思う 残されたものの何思う
感じる心は残っているか 心の感覚痺れてないか
思う気持ちは人間か 自分の思いは正しいか
爺の煙草を孫が呑む 今じゃショッポも300円
爺は焼かれて煙になった 真っ青な空に消えてった
爺は焼かれて煙になった 真っ青な空に融けてった
爺は焼かれて消えてった 俺らの心に焼きついた