※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

爛れた未来絵図 作詞/隣のあの子

凍えた身体も燃え尽す様 貴方は熱い眼差しで
忘れかけた恋も芽生える 貴方は今日も種を撒く
世間はとっくに見放して 悪い大人が談合を始める
どうせ認められない存在 ならばこの身が朽ちるまで
叩くと良い声で鳴く 貴方は打楽器
ちんぽっぽちんぽっぽ 夜は更ける
爪で弾くと音を出す 貴方は弦楽器
ちんぽっぽちんぽっぽ 朝は来る
覚めた夜空に一人きり 貴方の影すら落さない
命の灯火ゆらりゆれる 貴方の事今も覚えてる
世界はとっくに一転して 悪い子供達が悪戯を始める
どうか忘れないで居て そこに一輪の華が咲いていた事
吸うと良い声を出す 貴方は管楽器
ちんぽっぽちんぽっぽ 夜に廻る
重ねて押すと泣いてしまう 貴方は鍵盤
ちんぽっぽちんぽっぽ 朝は来ない
ちんぽっぽ・・・ちんぽっぽ・・・ちんぽっぽ・・・ちんぽっぽ・・・

(このページは旧wikiから転載されました)