※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

beam  作詞/455スレ214

空を見上げた
劇的な雲が 僕を見下ろしていた
口に含んだ夕日、朝日が
ほころぶ身から 流れ出ていた
口を開いた
「俺の姿は 君に映る頃には
崩壊しかけた 体抱えて
苦しむ怪獣にでもなってやしないか」
違うよ そうじゃない
つかえる言葉のかわりに
崩壊しかけた 体抱えて
口に含んだ夕日、朝日を
空を切り開く
劇的なビームで
空を見上げる
僕を待っていたんだろう