※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

冥王  作詞/454スレ307

屍は沖にて朽ちるも
生き延びるは裏にて
自立回路をしこむのは
我、寵愛したる奴隷
仇敵の汝とて
所詮は我が手駒
我こそは汝
貴様ら全て我が一部也
世王来魔
逃げも隠れもしない
世王来魔
我こそは冥府の王なのだ