※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

満月 作詞/ninjin

空を見上げて月を見ていたぶつかったていいじゃないか
蟻を見下しあざ笑っていた自分も君も弱いんだなと
その日はとても寒かった全てが凍てつかすような
その目はとても寂しかった全てを拒むような
止まる事無く流れてく水も月日も笹舟さえも
流れる事無く廃れてく僕の思いも気持ちさえも
空を見上げて月を見ていたいつでも満月はいいもんだ
消える事無く歌い続けて いつでもこの道照らしてる
僕が歩くこの道さえも月明かりに照らされて
君の心にこの月さえも届くことは無いのかい?
その木はとてもでかかった全てを包み込むような
その蚊はとても弱かった全てに嫌われるような
止まる事無く走ってく車も人も電車であれど
止まる所事無く羽ばたいて鳥も魚も虫さえも
僕が歩くこの道さえも歩けない人が居ることも
君の瞳にこの声さえも届くことは無いのかい?
空を見上げて月を見ていたぶつかったていいじゃないか
月に笑われ馬鹿にされて自分は君には似ていないよと
それでも僕は歩いていこう蟻に月に笑われようとも
それでも君へ歩いていこう人に君に笑われようとも

(このページは旧wikiから転載されました)