※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

さよなら湯河原  作詞/454スレ207

もうこの海は 見れないねと
横目でぽつり 呟いた
向かう先には 何があるのか
わからないまま ここまで来たけど
いつでも新しくて
いつでも懐かしくて
終わりがいつも切ないのは
もう戻れないのを知っているから
さよなら海
さよなら君
さよなら僕の温泉街