※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

飛ぶ鳥の渡る橋  作詞/454スレ189

風に飛ばされて さらされて
さらわれた
前が見えなくて もがいては
僕と世界との長い石橋に 
だんだんと体を打ちつけながら
唯一の出口への道を
がらがらと砕いている
そこかしこ ちぎれたが
まだ握り締めていた、
やわらかな布で包んだ 君の魂も
放してしまいそうだ
喉を鳴らして 悲鳴の中にひそませた
身をよじって 風を掴んで
もう少し体が浮かべば
足を着いて 深呼吸でもして 
かすり傷など気にしないで
走り出すさ 夢中で吹き荒ぶ風もゆるやかに 
まだ少し凍えるように刺してきても 
架け渡る橋の上で まだ握り締めていた 君の手をひいて