※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

深海人魚  作詞/マルミユ

木漏れ日を知らない海の中で 真珠の髪が揺れる
あたたかな珊瑚と鮮やかな魚 きみの肌を照らす
なめらかな色に照らされた頬 少し赤みがかった
きれいだね きれいだね あいしてる あいしてる
海の底へと落ちていくビンを 拾い集めて家を作る
誰かの言葉 誰かのこころ 誰かの叫び 誰かのいのち
ひらひらと波間に舞う 泳いでいく
海の底へと落ちていく
深海の暗い未来も 南国の美しい過去も
一瞬であぶくになって消えるよ
人は海を捨てた 泳ぐにはあまりにも重すぎる
それでも言葉が欲しいのかい?
あいしてる あいしてる きれいだね きれいだね
なめらかな白に汚された今日 少し顔見たかった
あたたかな珊瑚の艶やかな刀 きみの肌をさらす
この先を知らない海のそこで 真珠の髪が揺れる