※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

白い花  作詞/454スレ22

毎晩開く一輪の花
湛える白い花粉は
逝く末知らぬ故
ただ乾きを待ち続け
毎晩開く一輪の花
父君は賢者となりて
花弁は塵屑となる
ただ業火を待ち続け