※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

どろぬま  作詞/452スレ98

君が手向けた花びらは
僕と世界の間に落ちる
それを拾いに 君は走って
それを追って 僕は飛んだ
くだらないから やめてくれよ
目を覆う僕は臆病者だ
そしていつかは はるか地面へ、
そうして いづれは、 はるか地上へ
きっと戻るから 待っていてくれよ
見たはずの場所へ たどり着くから
風に飛ばされて 前が見えなくて
君が何処だか わからないから
ここはこわくて
ずっとこわくて
来たる未来も
僕はおそれる
聞こえないのか
どろみに響く 君の声が
きっと行くから 待っていてくれよ
花びらを持って たどり着くから