※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

冬のオシャレ 作詞/94スレ544

冬のコタツにキミと2人で入っている、いつも以上に暖かいのは何故なんだろう。
ボクが飲み終えたビールの缶にキミがミカンをのせた、そしてキミは誇らしげにぼくの顔をみた。
アルミ缶の上にあるミカンだって?なんか久しぶりに聞いた気がした、とても懐かしいな。
でもねボクが飲んでいたビールの缶はアルミじゃなくてスチール缶だよ…。
あせるキミの表情がとても愛おしい、シャレがなりたっていないのがそんなに恥ずかしのかな?
でもそれは自分をかざるキミなりのオシャレだった…。

(このページは旧wikiから転載されました)