※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

流星雨  作詞/ぬるぽ

空が藍に染まったら
2人で夜道を歩くんだ
明かりの無い獣道を
ただひたすらに 山の
てっぺんを目指してあるくんだ
時間はあまり残ってないんだ
もうじき今日じゃなくなるから
白い息を吐きながら
であった日の お祝いするんだ
でも間に合わないと分かったんだ
2人が遭うのに時間が掛かったんだ
男の子は悔しそうに、辺りを見回したんだ
高台を見つけたとき、急いでそっちに向かうんだ
星が空から落ちてきて 2人の出会いを祝うんだ
2人は肩を寄せ合い、愛の言葉をささやきあうんだ
そんな2人を見つめていた 高いところの神様は
しわのよった 腕を 大きく振り下ろした
すると、ますます流れ星が増えた
「まるでふってきたみたい」と女の子が言ったとき
本当に星が落ちてきて、二人は死んだんだ