※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

軽さは顕著に謳われて  作詞/447スレ180

沢には枯れ葉の落ちる
贄は彼の歌の下僕
灯籠に焼かるるは傀儡
煙は昇る故 軽さの具現
庭には鯉共が口開ける
笛は後髪を引きちぎる
金色の屋はまこと悪趣味
灰は積もる故 重さも霞み
喉の輪っかだけ没収
後は石に敷かれる
雨の降るは煙の再生
撹拌は風に任せ
あなたは空を飛ぶ
軽さの具現を身に宿し
あなたは空を飛ぶ