※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

秋の街  作詞/440スレ60

駆け抜ける風の音聴いて 並木たち手を振り道となる
朝日が雲を割って覗いて 呼ぶ声が響き振り向けば
街の喧騒は鳴りやんで押し黙り、ビルの屋上からあなたは見下ろす
回る回る時計の針は 今も昔も追われ追いかけ
短き夢の終わりに告げた 言葉は残らず砂となる
朝が光り、夏の終わり、何処へ行くか、淡き影よ
はるか彼方から来るときの波は
すべてを飲み、始まりを告げる
手を振れば陽の色も変わる 帰り道足音は一つ
夕焼け空俺の顔を赤く 羊雲が流れ過ぎ去り
そばを通る人の影は薄まり 家路の途中で足を止める
回る回る時計の針は 今も昔も追われ追いかけ
短き夢の終わりに告げた 言葉は残らず砂となる
朝が光り、夏の終わり、何処へ行くか、淡き影よ
はるか彼方から来るときの波は
すべてを飲み、始まりを告げる
淡き影はどこへ行く