※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

御盃  作詞/439スレ251

甘く滴る白濁を
溢れんばかりに湛えたる
盃を舐めつつその指は
原の胡蝶の羽ばたきの如し
水面の揺れたるその様は
子を慈しむ母性の権化
かしらの朱(あけ)の美しき
牡丹の花と 我見紛う
( ゚∀゚)o彡゜御盃!御盃!