※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

キヅキ  作詞/つまだ

からから 渇いた
遠くまで響く声は
寂しげ 夕暮れ
夏の終わりを告げる
砂上に 描いた
出逢いと未来予想図
打ち寄せ 浚われ
感傷だけを残す
果てない言葉が一つ
一つ永久(とこしえに消えて
あの日の呼吸が全て
摩天楼の恋となる