※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

海神  作詞/つまだ

幼い軌跡なぞる
利き手の傷跡
幾里数えたならば
海にたどり着くのか
翼の無い背中に
掟を重ねて
息を切らして僕は
日々を追いかけている
悲壮の雨が空を仰がせど
休むことも憂うことも許されず
遥か青さに抱かれたいが為
海神(わだつみを訪おう
叱られるか
報われるか
意志とて崩れた今なら
それだけだろう