※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

昔々  作詞/ポディマ

A
昔々あるところに おじいさんとおばあさん
やること全部済んでいた 終了(しゅうりょう)
所々に斑のついた 桃尻肌の桃太郎
背中に折檻(しつけ)の瑕(きず)残る 終了(しゅうりょう)
B
桃太郎は家を飛び出し、仲間を見つけ
「鬼ガ島」(りそうきょう)へと旅立った さよなら
「鬼ガ島」(りそうきょう)では心優しい 「食ミ出シ者」(おに)と呼ばれた
都を追われた人たちが 桃太郎(かれ)を迎え入れた ありがとう
「助かったんだ」
ところがその後(あと)、
「村ノ衆」(せいぎのみかた)が現れて
「鬼ガ島」(りそうきょう)を殲滅(こわ)してしまった。
サビ
紅色(くれないいろ)の優しき仲間 恐怖(えがお)を浮かべた仲間
欲望(せいぎ)に抉られた 肉の果て 泥と塗れて骨と化す
さらば「鬼ガ島」(りそうきょう) さらば「鬼ガ島」(りそうきょう)
命の果てに何を見たか 「血ノ涙」(えがお)の滴る眼で
刀を取った桃太郎 育ての親に振り下ろす
僕の仲間たちを よくもやりやがったな
恨みを 怒りを 失った桃太郎は、今生まれ変わった
さらば さらば さらば…