※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

辻の懐(かい)  作詞/無楽

ここはどこの細道と
足を伸ばしたあの頃は
行きと帰りの影の数
違う度にうれしい記憶
名前尋ねた時の名を
逢魔が時と書けるのは
大人になった悲しい記憶
今の夜より黒深く 足音高い闇の中
会ったあなたは人ならず
だから書くの 逢魔が時と
それを魔物と呼ぶことは
人でないと叫ぶのは
君に手向けのものでなく
胸の中のいつかの心
死んだ知らせと泣くでしょう