※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

朝ぼらけ  作詞/みつゅ

おなかが減って 目覚めた朝に
君がいなかった
ひどくがっかりな朝だった
ゆっくり醒める 視界の先に
君がいなかった
ひどくがっかりな朝だった
いつもみたいに 夢の中笑う
君はもういない
ひどくがっかりな朝だった