※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題  作詞/434スレ132

君と歩いたあの道 今も忘れぬ帰り道
手と手を繋いで並んで歩いた どこでもあるよな普通の小道
いまも僕は歩いてる どこでもあるよなネトゲの小道
実際座っているけど前進 右に左にたまには後進
3次と2次の交わらない道 モニタに浮かぶはあの小道 君と歩いた懐かしい小道
リアルで面接 ネトゲで怪物
ぶつかる壁は乗り越えられず 結果は自宅警備員
あの懐かしい思い出 君の笑顔が鮮やかに浮かぶ
今君は家庭を持って 幸せになっているらしい
あの懐かしい思い出 僕の心が羞恥で満ちる
今僕は部屋に引きこもって 立派に自宅を警備中
明日はハロワに行こう・・・