※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

秋空  作詞/きゃべち

宿題をほうりなげて 僕は自転車をこいだ
夢から覚めたんだ 今じゃないと もう 間に合わない
君は いなくなると 何気なくいって
いつも通り 僕ら帰った
なんかおかしいな からっぽのリュック
チャックが壊れて 何も入らない
足を止めて 気づいた
いつかみた景色さえ 形をなくしてしまった
この気持ちも この空も失くしてしまいそうで
宿題をほうりなげて 僕は自転車をこいだ
夢から覚めたように 胸が苦しくて
ポケットの中にあった まだ温かいカイロ
かじかんだ手のひらで感覚を探る
今までこんな気持ち 僕にあるわけなかった
息ができないくらい 強く踏み込んで
遠くに見える信号機 赤から青に変わる
君はまだ 僕とまだ 同じ秋空の下