※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

涙歌  作詞/うんこちんちん

いつか時が来て 誰か その命の最後に流れるのが
この僕の声だったなら 僕のメロディーだったなら
あなたが見てる景色は いつの日の夕陽だろうか
あなたを見てる横顔は いつの日の笑顔だろうか
駆け抜ける日々に追われ走った 生きるというそれだけで精一杯だった
泣いた日も笑った日も流れてた 時を越えたあのメロディー
いつか時が来て 誰か その命の最後に流れるのが
この僕の声だったなら 僕のメロディーだったなら
あなたが見てる景色は いつの日の夕陽だろうか
あなたを見てる横顔は いつの日の笑顔だろうか
何かに急き立てられて走った 生きるというそれだけで精一杯だった
膝抱え勇気だけを欲しがった 力くれたあのメロディー
この声 届くなら
例え喉枯れ 血を吐こうとも
この声 届くなら
今はまだ 聞こえなくても