※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

秘すれば花  作詞/無楽

活けた華の咲き散るは
指先一つ 神の真似
色を操り形を変えて
その彩りに表すは
いつも同じと華の神 
あきれ嘆いて 咲かす優しさ
神が故に 人が故に
姿見せれば顔が染み
声をかければ上ずって
隠し切れない事がある
秘めればこその想いとて
咲いてふるのはとまらない
泣いて笑って 散らす愚かさ
人が故に 神が故に
雪に埋もれた 牡丹と同じ
隠し通せず 横顔に
秘めればこそ咲くものは
秘めればこそ散るものは