※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ゴミ宇宙  作詞/カリバネム

野生に食い殺された 掟の扉開いて
誰かに止められても でかいわがまま背負って
しゃれた名前で呼びたくなった
獣の道を駆けたら
僕から逃げてくみたいに
あの子が見つけた 闇があった
そこには小さな 宇宙があった
見えない星屑が見えた
ボソボソ のろまな歌声 あの子を強姦してる
冷たい石を蹴りつけ 全てを嘘と信じる
暴れ続けて 気づけばここに
生まれた朝を感じる
憎まれ続けたみたいに
この世の誰かの ゴミにまみれ
捨てられたままの 宇宙があった
地獄まで届いた光
愚かと 誰もが呼ぶから
哀れと 誰もが呼ぶから
そこには小さな 宇宙があった
捨てられたままの 宇宙があった
あの子が見つけた 宇宙があった
見えない星屑になった