※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

死んだ小エビのスープ  作詞/430スレ41

ひとひらの季節の中で
犬が顔を取り替えながら歩き回る
半分に沈んだ海の前で花畑を覗いてごらん
死んだ小エビのスープを漂っている
アスファルトの丘をセロファンで包み
ゆっくり鎌首を持ち上げて
影はもうずっと東
詩吟(しぎん)は西に
光は東
開かれた身体を焼かれ煮られて
やがて見えるエルドラドに
グニャリと曲がる街を重ねてみよう
死んだ小エビのスープが漂っている
雲の切れ間から音の洪水、春の匂い
色はあるのに形はない
君も僕もやがて還って
死んだ小エビのスープに漂っている
死んだ小エビのスープに漂っている