※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ねじまき星の夏  作詞/カリバネム

ぶら下げたままの思い出が 古傷のような色になる
でかくなりすぎた優しさが 次から次へと零れ出る
今よりも でかい運命が
ちょっと僕に似た 君を生かしていた
ねじまき 誰かが回すから 東への旅が終わらない
ホルマリン色に染まる空 レースの翼が邪魔をする
ダンボールの卵に帰ったら
一つになるんだ 振り返らないでね
八つ裂き道路が揺れている 知らない景色を思い出す
でかくなりすぎた優しさが 次から次へと零れ出る
今よりも でかい運命が
ちょっと僕に似た 君を生かしていた
今はただ 死にかけの虫を
流れ星に似た 僕を生かしている